クロモリ迷走記

COLNAGO Masterと、Panasonic FRCD05に乗っています。

FRCD05とMasterのステム交換

FRCD05

 FRCD05は、エンデュランスロードなので、スタックハイトが高く、アップライトなジオメトリーとなっています。それは購入時から分かっていたのですが、2年ほど乗ってみて、やはり「もう少しポジションを低くしたい」と思うようになりました。

 上記の写真のように、これ以上スペーサーを抜くことができない状態なので、、、今回は、ステムの角度を変えて対応することにします。いくつかのステムを検討した結果、納車時からつけていた KCNCのTeam Issue (100mm, 5°) から、TNIのHelium 17 (100mm, 17°) に交換しました*1ステムの角度と底辺から高さを計算してみると、ポジションが約25mm低くなったようです*2

 また、(今回は軽量化が目的ではなかったのですが)10g軽くなりました。なお、評判の悪いTNIの純正ボルトではなく、64チタンのボルトを使っています*3


 チタンボルトを使うにあたっては、念のために、異金属電解腐蝕防止用のオイルを塗ります。

 そして、ハンドル周りを見直したついでに、KCNCのBrever Mount (87g) も外しました*4。ステム交換と合わせて、97gの軽量化。



Master

 Masterには、OnebyEsuの77 Stem (100mm, 13°) をつけることにします*5。元々のステムは、FRCD05と同じKCNCのTeam Issue (103g) なので、18g重くなりました。


 単純な気分転換もありますが、、、ホリゾンタルフレームに合わせて、ステムも(ほぼ)水平にしたかったのです。Masterは、少し小さめのフレームなので、ステムを低くする余地があるのですが、、、見た目重視の交換です(笑) ステムの角度、コラムハイト、スペーサーの変更により、ポジションが約20mm低くなりました。室内で軽くローラーを回してみて、「あと5mm下げてもいいかな?」と思いましたが、、、スペーサーの調整はいつでもできるので、とりあえずそのままで。


 2台とも、近いうちに外を走ってみて、最終的なポジションを決めたいと思います。なお、今回のカスタムにあたって、特に参考になった記事は以下のとおりです。

*1:Helium 17の100mmは、他のメーカーのステムの100mmよりも少し短いので(実測90mm程度)、同時に110mmも入手しました。とりあえず、100mmをつけましたが、もう少しポジションを下げたくなったら、110mmに交換します。

*2:コラムハイトやスペーサーの違いも考慮して、差分を計算しています。

*3:Helium 17の100mmは、Twitter上の知り合いから譲ってもらったのですが、それがチタンボルト化されたものでした(ラッキー)

*4:マウントの性能に不満はありませんが、最近は漆黒の山道を何時間も走ったり、オーバーナイトで走ったりする機会がないので、通常からつけておく必要もないかと思って、外しました。

*5:元々は、これも、FRCD05のステムの候補として買ったものです。

筑波山一周(往復自走)

 今日は、「ゴールデンウィーク終盤に混んでなさそうなところは、どこだろう?」と考えた結果、前からやろうと思っていた筑波山一周をすることに*1。夜明けとともに出発し、国道6号で千葉県へ。

 北柏で国道6号を離脱し、新大利根橋を渡って、茨城県へ。早朝は車が少ないので、快調です。

 そこからは適当にGoogle Mapのナビを使って(笑)、筑波山を目指します。

 自宅から約75km走って、筑波山の麓、りんりんロードの筑波休憩所に到着。

 まずは、筑波山梅林への登坂。梅林の入口に到達するまでの筑波山の西側の登りが地味にきついですね。。。途中でロー側のギアに入りにくくなり、涙目。。。

 ゴリゴリとダンシングで登っていきますが、、、今日は200kmオーバー、2000mアップのライドになることを思い出し、途中の見晴台付近でアジェスターを調整。インナーロー以外のギアを使えるようになりました。今日のコースにそれほどの激坂はないはずなので、インナーローは不要でしょう(フラグ)


 登坂距離4.4km、平均勾配7.6%を登った末、1つめのピークに到達。林道の景色は綺麗でしたが、ピークには特に何もないんですね(苦笑)

 そこから椎尾山薬王院に下っていく途中、まさかの通行止め。。。

 仕方ないので別ルートで下り、、、何を思ったか、不動滝の脇から薬王院に登り返すことに(ルートは、その場で見つけました) しかし、パンチの効いた斜度を登った先にあったのは、予想よりもはるかに小さい滝(苦笑)

 そして、滝から薬王院に向けて、さらに登っていこうとすると、、、路面がバキバキの激坂! インナーローを使いたい!!(フラグ回収)

 短距離であれば、20%でも30%でも押し切るのですが、上に行けば行くほど路面が荒れていきます。。。走行ラインを慎重に選んで何とか登り切りましたが、あまりに疲れたので、薬王院はスルー。「何のために激坂を登ったのか。。。」と思いつつ(笑)、県道41号に下りたら、筑波山の北側を回り込んで、県道150号で湯袋峠を目指します。

 湯袋峠は、登坂距離3.6km、平均勾配7.6%です。ほぼ直線コースなので、あまり印象に残りません(個人の感想)*2

 峠から南に下る途中、先日知人がツイートしていた羊肉料理屋を偶然発見。羊好きとして非常に気になりますが、時間が早過ぎて準備中。。。

 下界に下りたら、次はフルーツラインで朝日峠へ。

 登坂距離3.1km、平均勾配7.9%ですが、夏のような気温になってきて、謎の羽虫にまとわりつかれたこともあり、思ったよりも疲れました。。。ピーク付近で、パラグライダー台を発見*3

 朝日峠から下りたら、筑波山の南側を回り込んで、北条大池へ。

 この時点で11時過ぎだったので、すぐ近くの彩食工房ひるくらいむ(11時30分開店)でランチを食べることにします。ここは有名なお店ですが、入るのは初めて。


 柔らかリブとチキンフリッターのランチを注文。スペアリブもフリッターも美味しかったです。あと、スープの中に入っていたベーコンがしっかり燻製されていて、それも良かったです。

 しっかりランチを食べたら、不動峠(登坂距離3.8km、平均勾配7.1%)から筑波山に登ります*4

 不動峠に登るのは4年ぶり2回目なのですが、思っていたよりも緩斜面が挟まるのですね(前回の記憶はほとんどない/苦笑) わりとがっつり斜度が和らぐので、よせばいいのに、頑張ってしまいます(当社比) 無駄に足を使った結果、終盤にタレました(苦笑)

 完全に足を使い切ったので、日陰で5分ほど休憩。そのあとは、表筑波スカイラインを低速で移動し、風返峠へ。正直ここを登る足が残っているのか怪しいのですが、短いので気合で乗り切ることに。

 私の記憶の中で風返峠は「最後のおまけで、ループ橋をくるっと回ったら終わり」だったのですが、ここまで120km以上走って、2000m近く登っているので、、、実際の距離以上に長く感じました(軟弱) 完全に精神力だけで登頂。

 汗だくになったので、山ぶどうソフトクリームで涼を取ります。秒でなくなりました(笑)

 これで、本日のヒルクライムは終了。風返峠から西に下って、筑波休憩所の方に戻っていきます。ここは、結構激坂ですよね。。。平地まで下ったら、沼田屋のカリントウ饅頭を3つ購入。その場で1つ食べて、残りの2つは持ち帰り。


 帰りは、ゴールデンウィーク終盤の渋滞を避けるために、往路とは違う道を使いました。江戸川CR(野田〜金町)で強い向かい風に吹かれたり、国道6号(金町〜浅草)で渋滞にはまったりもしましたが、何とか日没前に帰宅。

 本日の走行距離は225.11kmで、獲得標高は2308mでした。なお、今回の旅にあたって、特に参考になったウェブサイトは、以下のとおりです。

*1:今回の筑波山一周ルートは、サイクルボールのルートとは異なります。

*2:進行方向の石岡市の標識が地味過ぎたので、逆側の桜川市の標識と記念撮影。

*3:YouTubeTwitterで見るパラグライダー台とは別??

*4:筑波は、3〜4kmで7〜8%というヒルクライムコースが多いんですね(何となく)

BORA WTO 33 DBのタイヤ交換

 本格的なヒルクライムやロングライドに向けて、FRCD05のホイールをグラベルタイヤを装着したRacing 3 DBから、オンロード特化型のBORA WTO 33 DBに変更しました。その際、これまで使っていたチューブレスタイヤ(GP5000-TL)を外し、チューブドタイヤ(Power Road 25c)に交換。MichelinのPower Roadは別のホイールで使っていて、とても気に入っています*1



 そして昨日、タイヤの皮むき目的で、荒川CRを約100km走りました。そうま水産に刺身ランチを食べに行き、帰りに都電カフェでお茶しただけですが(笑) BORAもPower Roadも超優等生タイプなので、非常に乗りやすいです。


 ついでと言っては何ですが、、、Masterのホイールも(ヒルクライムを想定して)BulletからShamal Ultraに戻しました。ナローリムのBulletからワイドリムのShamalへの変更なので、アジャスターの調整だけではダメで、ワイヤーを締め直す必要がありましたが。



 冬の間に鈍った身体も少しずつ元に戻りつつあるので、そろそろがっつりと走りに行きたいですね。

*1:残念ながら、最近廃盤になってしまいましたが。。。

草津温泉〜旧太子駅〜榛名山〜高崎ぶらり旅

 昨日は、渋峠に登ったあと、草津温泉に泊まりました。今日は、久しぶりに榛名山に登ったりしつつ、高崎方面に戻りました。まずは、白砂川沿いの国道292号で長野原方面に下っていきます。雪国だからか、国道とは思えないバキバキの舗装(苦笑)*1

 何故そんな道を使ったのかと言うと、国鉄吾妻線太子支線太子駅跡に行きたかったから。しかし、私の下調べが甘く、まさかの営業時間前(苦笑)

 仕方がないので、フェンス越しに記念撮影したり、フェンスの隙間から中の写真を撮ったり。それなりに満足しました(笑)



 長野原まで下りたら、県道376号〜県道375号を東に進みます。以下の写真は、吾妻川にかかる不動大橋。


 このあたりはトンネルが多いですが、広めの歩道が整備されているため、安心して走れます。

 吾妻川沿いにJR吾妻線郷原駅まで行ったら、県道28号に右折し、榛名山を目指します。北側(裏榛名)から登るのは、初めてです。あまり事前情報を持っていなかったのですが、郷原から距離14km、獲得標高760mくらいです*2


 あまりロードバイクを見かけず、どちらかと言うと、オートバイを多く見かけました。特に景色が良いということはなく、大きく勾配が変化することもなく、、、あまり印象に残らない道ですね(苦笑) 因みに、日陰が殆どないので、今日みたいな暑い日は辛いです。。。標高1100mを超えても、気温20度もあるとは。。

 「暑いなあ。。。早く終わらないかな。。。」と思いつつ、榛名湖に到着。予想以上に風が強かったですが、、、ヒルクライム後の身体には、むしろ涼しくてよいです(笑)

 ランチは、たまたま湖畔で見つけたお店で、わかさぎ定食。わかさぎ以外に小鉢があって、小盛りの蕎麦までついていて、予想以上にボリューミー。味も良かったです。


 食後は、天神峠からハルヒルの大会コースを下っていきます。


 先日ディスクプレーキパッドをGORIXに交換したのですが、Shimanoと比べると、タッチがソフトな印象ですね。使用上の問題はないと思いますが、個人的には、もう少し強く効いてくれる方が好き(と、榛名の激坂区間を下りながら思いました)

 この時期は、ハルヒルの試走をしている人が多く、皆さんが全力で登っていますが、、、私は下りなので、まだ残っている桜の写真を撮ったり(笑)

 平地まで下りたら、予想通りの灼熱で、軽い渋滞に巻き込まれつつも、何とか高崎駅に到着。そこから輪行で帰りました。


 なお、本日の走行距離は79.05kmで、獲得標高は1137mでした。

*1:バキバキの写真は撮り忘れましたが。

*2:Googleで算出。

渋峠ぶらり旅

 志賀草津高原ルートが開通する季節になりました。私も、ミニベロで行った昨年に引き続き、今年も開通初日に行ってきました。ただ、前日の夕方から当日の朝までが雨予報だったので、どうやって草津温泉まで行くか、少し悩みました。そして、前日のうちに新宿から草津温泉まで、高速バスで一気に移動する作戦を取りました。

前日のバス移動

 今回は、JRバスの上州ゆめぐり号を使いました。バスタ新宿から草津温泉バスターミナルまで約4時間で*1長野原草津口駅から草津までの激坂を登る必要がありません(単純に疲れないだけでなく、雨にも濡れません)。参考までに、今回私が実際に払った金額を書いておくと、片道運賃の3330円(ネット割)に加えて、ロードバイクを乗せるための有料手荷物料金が500円。有料手荷物の事前予約はできないので、当日の乗車前にチケットカウンターで買います*2


 また、ロードバイクの積み下ろしを自分で行うシステムなので、ある意味安心です*3

 草津バスターミナルに着いたら、すぐ近くの宿にチェックイン。個人的には、かなり楽な移動方法に感じました。味をしめたので(?)、夏に別の場所へのバス輪行を計画しています。

当日のヒルクライム

 志賀草津高原ルートの開通は午前10時なので、前泊した場合は、かなり時間的に余裕ができます。そこで、湯畑の周りを少しぶらぶら。


 そして、開通時刻の少し前になったら、天狗山ゲートに移動。すでに多くの車、オートバイ、ロードバイクが行列を成していました。

 定刻にゲートが開くと、皆が一斉に登り始めます。その際、たまたま私よりも速めのロードバイクの集団の中に入ってしまい、明らかなオーバーペースで最初の数kmを登ることに(苦笑) 私にとっては4〜5ヶ月ぶりの本格的なヒルクライムですし*4、「このペースでは最後まで持たない」と思い、殺生河原のあたりで意図的にペースを緩めました。

 そのまま淡々と、万座三叉路まで。

 三叉路から先は、九十九折りが続く絶景区間です。これぞ渋峠

 この時期だけ見られる雪の回廊も、今年は昨年よりも高さがあります。


 雪の回廊を上から見ると、こんな感じ。

 頂上付近は車が渋滞していましたが、自転車はそれほど苦労することもなく、日本国道最高地点(2172m)に到着。少し風が強いですが、天気は最高です。

 さらに進んで、渋峠ホテルへ。ここで、カツカレーを頂きます(ランチ)*5



 この時期はまだ毛無峠に行くことはできませんが、折角なので、長野県側に少し下っていきます。私は、こちら側の景色も大好きです。



 横手山ドライブインまで進んだら、いま下ってきた道を登り返して、渋峠ホテルまで戻ります。

 とりあえず頂上付近でやりたいことを一通りできましたし、周りも混んできたので、のんびりと草津温泉に下ることにします。行きと帰り、草津側の絶景を二度見られるのは、嬉しい限りです。


 草津温泉まで下ったら、湯畑の足湯(無料)で休んだり、本家ちちや温泉饅頭を食べたり。


 その後は、宿の温泉で疲れを癒しました。なお、本日の走行距離は44.66km(短い!)で、獲得標高は1309mでした。

*1:途中で、伊香保温泉などを経由します。

*2:私が電話で問い合わせたときは「バス1台につき、最大4台のロードバイクを積める」と言われましたが、念のため、ご自身でご確認ください。

*3:たとえば、どちらの面を上にするか、などを指定する必要がありません。

*4:冬の間、サボっていたので。。。

*5:ここでは、カレー以外のものを食べたことがありません(笑)

SANBON BAKERY〜たいやきオリーブ〜東京湾岸ぶらり旅

 今日は、昼過ぎまで少し時間があったので、知り合いのPちゃん(@Pchan_Cycle)が以前おすすめしていたSANBON BAKERYに行くことにします。

 まずは、旧中川と荒川に沿って進みます。全体的に桜のピークは過ぎていますが、まだまだ綺麗なところもありました。

f:id:yukovelo:20220408181803j:plain:w300
f:id:yukovelo:20220408181806j:plain:w300

 葛西橋を渡り、環七を南下して、SANBON BAKERYに到着。残念ながらサイクルラックは使えませんでしたが、、、すぐ近くに駐車させて頂いて、店内へ。

f:id:yukovelo:20220408182050j:plain:w300
f:id:yukovelo:20220408182054j:plain:w300

 今日は、明太子のパン(正確な名前を忘れました)、クロックムッシュ、くるみパンの3つをチョイス。どれも美味しかったです。そして、100円のブレンドコーヒーは、思っていたよりも大きかったです(コンビニのコーヒーよりも大きい)

f:id:yukovelo:20220408182248j:plain:w300

 パンで腹八分目になったら、十分目にするべく(おい)、すぐ近くのたいやきオリーブへ。中身がぎっしりと詰まった桜あん(期間限定)を注文。店主に「あれ、COLNAGO?」と指摘され、びっくりしました。自転車がお好きなようです。

f:id:yukovelo:20220408182811j:plain:w300
f:id:yukovelo:20220408182813j:plain:w300
f:id:yukovelo:20220408182816j:plain:w300

 さすがにお腹いっぱいになったので、葛西臨海公園で少し休憩。今日は人が少なめで、嬉しいです。

f:id:yukovelo:20220408183036j:plain:w300

 そのまま真っ直ぐに帰るのもなんなので(?)、お馴染みの湾岸ナイトライドのコースを少し走ることにします。普段は夜に走るコースを明るい時間に走るのは、新鮮です。

f:id:yukovelo:20220408183215j:plain:w300

 荒川を渡って左折し、「若洲ストレート」で少し頑張って、若洲海浜公園へ。パンとたい焼きを消化しなければ。。。(笑)

f:id:yukovelo:20220408183425j:plain:w300

 それから、最近営業を終了した(らしい)ヴィーナスフォートのある交差点を左折し、「暁ストレート」でまた頑張って、暁ふ頭公園へ。ここは結構スピードが出るので(当社比)、楽しい区間です。

f:id:yukovelo:20220408183802j:plain:w300
f:id:yukovelo:20220408183805j:plain:w300

 最後は、葛西臨海公園の方には戻らず、豊洲から銀座に抜けて、帰りました。ランチのついでに走り慣れた近場を回っただけですが、晴れた春の日は気分が上がりますね。

f:id:yukovelo:20220408183939j:plain:w300

ディスクブレーキのパッド交換

 FRCD05のディスクブレーキのパッドが減ってきたので、前後とも交換することにします。実は、前の方が先に摩耗していたのですが、ここ3ヶ月ほど、(ダウンヒルや高速巡行時を除いて)後ろのブレーキをメインで使うようにしたので、いい感じで同じくらい減っています(笑)

f:id:yukovelo:20220326185622j:plain:w300

 Shimano純正のパッドも2つ備蓄していますが、今回は、初めてGORIXのパッドを試してみます。Shimanoと同じくらいの価格ですが、正月の初売りセールで安く買っておきました。

f:id:yukovelo:20220326185921j:plain:w300

 これまでつけていたパッドを抜いてみると、残りが1mmくらい。あと少し使えなくもないですが、まあ交換でよいでしょう*1

f:id:yukovelo:20220326192232j:plain:w300

 そして、白いピストン部分を押し戻してから、新しいパッドを入れたのですが、、、クリアランス皆無。。。

f:id:yukovelo:20220326190957j:plain:w300
f:id:yukovelo:20220326191005j:plain:w300

 一瞬、買うべき型番を間違えたのかと思いましたが、そうではないようです。。。とりあえず、一番細いマイナスドライバーを差し込み、、、徐々に太いものを差し込んでいって、何とかクリアランスを確保。油圧式ディスクブレーキなので、いったん広げられるところまで広げてしまって大丈夫*2

f:id:yukovelo:20220326191240j:plain:w300
f:id:yukovelo:20220326191244j:plain:w300

 ホイールをつけると、フロントのディスクローターがほんのり擦っていたので、ローター曲がりを修正。

f:id:yukovelo:20220326192654j:plain:w300
f:id:yukovelo:20220326191547j:plain:w300

 「GORIX製はShimano純正と同程度の性能」という評判ですが、実際の感触は、次回のライドで確かめたいと思います。なお、今回のカスタムで参考になった主なサイトは、以下のとおりです。

*1:Shimanoパーツが世界的に品薄なので、非常時のために、一応捨てずに取っておきます。

*2:あとでブレーキレバーを握れば、適切な幅まで狭くなるので。