クロモリ迷走記

COLNAGO Masterと、Panasonic FRCD05に乗っています。

Panasonic FRCD05の納車

 突然ですが(?)、PanasonicFRCD05を購入しました。Panasonicのクロモリ(通称パナモリ)には昔から憧れていて、Masterを購入する際にも最終候補まで残りました。そして、今回ロングライドに使えるディスクロードを増車するにあたって、FRCD05を選びました*1昨年のサイクルモードでORCD05(FRCD05の完成車)を試乗した際、エンデュランスロードらしからぬ(?)キビキビした乗り味がかなり気に入りました。また、太めのタイヤを履かせることでグラベルロードのように使うことができるのも魅力的です*2

300kmを越えるようなロングライドを楽しむサイクリストから高い支持を得ているパナソニック・クロモリエンデュランスロード。フルモデルチェンジしたORCD05は、チュービングには剛性のバランスに優れたクロモリプレステージチューブを採用。さらにジオメトリーの見直しにより走りの軽さを追求した。また30Cタイヤにも対応した設計によりグラベルライドなど、あなたの挑戦の幅を広げてくれるだろう。

f:id:yukovelo:20200611134626j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200611134640j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200611134649j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200611134656j:plain:w300

 フレームのジオメトリを見て、サイズで少し悩みました。私は身長のわりに手が長いので、手の長さに合わせるとサドルの突き出しが短くなり、サドルの高さに合わせると長いステムをつけなければならないというジレンマ。。。最終的には、見た目よりも操作性を重視して、手の長さに合わせました。
 現有戦力のMasterと差別化する意味も込めて、FRCD05は、ULTEGRAのDi2で組みました(パーツ構成については、また別の記事で詳しく書く予定です)。

f:id:yukovelo:20200611134706j:plain:w300

 なお、FRCD05の購入にあたっては、以下のウェブサイトが参考になりました*3

*1:FRCD05以外のクロモリディスクロードとしては、ChinelliのNemo Tig Disc、CherubimのPiuma-Discが有力な候補でした。

*2:それ以外の購入理由として、(1) 国内メーカーのフレームが欲しかった、(2) 昔からガンバ大阪のファンである、ことがあります。

*3:正直、私がフレームを注文した2月頭の時点では、インターネット上にFRCD05/ORCD05の情報が非常に少なかったです。ジオメトリなども詳しく検討しましたが、最後は試乗時の自分の感覚を信じて、「えいやっ」と購入に踏み切りました(笑)