クロモリ迷走記

COLNAGO Masterと、Panasonic FRCD05に乗っています。

ディスクブレーキのパッド交換

 FRCD05のディスクブレーキのパッドが減ってきたので、前後とも交換することにします。実は、前の方が先に摩耗していたのですが、ここ3ヶ月ほど、(ダウンヒルや高速巡行時を除いて)後ろのブレーキをメインで使うようにしたので、いい感じで同じくらい減っています(笑)

f:id:yukovelo:20220326185622j:plain:w300

 Shimano純正のパッドも2つ備蓄していますが、今回は、初めてGORIXのパッドを試してみます。Shimanoと同じくらいの価格ですが、正月の初売りセールで安く買っておきました。

f:id:yukovelo:20220326185921j:plain:w300

 これまでつけていたパッドを抜いてみると、残りが1mmくらい。あと少し使えなくもないですが、まあ交換でよいでしょう*1

f:id:yukovelo:20220326192232j:plain:w300

 そして、白いピストン部分を押し戻してから、新しいパッドを入れたのですが、、、クリアランス皆無。。。

f:id:yukovelo:20220326190957j:plain:w300
f:id:yukovelo:20220326191005j:plain:w300

 一瞬、買うべき型番を間違えたのかと思いましたが、そうではないようです。。。とりあえず、一番細いマイナスドライバーを差し込み、、、徐々に太いものを差し込んでいって、何とかクリアランスを確保。油圧式ディスクブレーキなので、いったん広げられるところまで広げてしまって大丈夫*2

f:id:yukovelo:20220326191240j:plain:w300
f:id:yukovelo:20220326191244j:plain:w300

 ホイールをつけると、フロントのディスクローターがほんのり擦っていたので、ローター曲がりを修正。

f:id:yukovelo:20220326192654j:plain:w300
f:id:yukovelo:20220326191547j:plain:w300

 「GORIX製はShimano純正と同程度の性能」という評判ですが、実際の感触は、次回のライドで確かめたいと思います。なお、今回のカスタムで参考になった主なサイトは、以下のとおりです。

*1:Shimanoパーツが世界的に品薄なので、非常時のために、一応捨てずに取っておきます。

*2:あとでブレーキレバーを握れば、適切な幅まで狭くなるので。