クロモリ迷走記

COLNAGO Masterと、Panasonic FRCD05に乗っています。

コンポジットディープリムホイールの購入

 突然ですが、そして今更と思われるかもしれませんが、アルミ+カーボンのコンポジットディープリムホイールを購入しました。平坦ロングライドに適したディープリムと、長い下りや雨天時のライドでも安心なアルミのブレーキ面を併せ持ったホイールには以前から興味があったのですが、、、たまたま手頃な未使用品が売り出されているのを発見し、勢いでポチりました(笑)
 具体的には、CampagnoloのBullet*1の50mmを購入しました。他社のコンポジットディープリムホイールもいろいろ検討しましたが、Campagnoloユーザーなので、最終的にBulletをチョイス*2

f:id:yukovelo:20211231145741j:plain:w300
f:id:yukovelo:20211231145746j:plain:w300

 スプロケットなどは、MasterのセカンドホイールであるZondaから移植*3。タイヤは、低圧で乗ることができるMichelinのPower Road (25c) のクリンチャーモデルを購入。

f:id:yukovelo:20211231150014j:plain:w300

 年末のグループライドに出かける数時間前にホイールとタイヤが揃ったので、急いで装着*4。50mmハイトにすると、バイクの見た目が大きく変わりますね。

f:id:yukovelo:20211231150152j:plain:w300
f:id:yukovelo:20211231150203j:plain:w300
f:id:yukovelo:20211231150211j:plain:w300
f:id:yukovelo:20211231150222j:plain:w300

 とりあえず、グループライド+自宅からの往復で約60km、ソロライドで約40km、合計100kmほど試走してみました。第一印象としては、(1) 縦剛性が高いのでグイグイ進む、(2) 35〜45km/hあたりが所謂「おいしい」速度域、(3) 漕ぎ出しはやや重い、(4) 坂を登れないことはないが登りに適したホイールではない、(5) 軽めのギアにすれば30km/h以下でも比較的楽に走れる、(6) 向かい風はディープリムでもきつい(苦笑)、(7) 横風の影響はあるが恐れていたほどではない、(8) ラチェット音は意外と静か、と感じました。また、Power Roadを5 barで運用していることもあり、乗り心地が最高です。(少なくとも私の乗り方では)Shamalの方がオールラウンドで使えるホイールに感じますが、明らかに性格の異なるBulletも楽しく併用できそうです。

f:id:yukovelo:20211231152443j:plain:w300
f:id:yukovelo:20211231152446j:plain:w300
f:id:yukovelo:20211231152449j:plain:w300

 なお、今回のカスタムで参考になった主なサイトは、以下のとおりです。

*1:Ultraではないノーマルモデル。

*2:同じメーカーのホイールなら、RD調整が要らないことが多いため。ただ、ShamalからBulletに替えた際は、アジャスターの調整が必要でした(ShamalからZondaに替える場合は、完全にポン付け) また、Bulletはナローリムなので、ブレーキシューの位置とレバーのストロークを調整しました。

*3:Zondaは勿論良いホイールですが、(少なくとも私にとっては)Shamalの下位互換のような感じなので、最近は出番が少なくなりました。ただ、リムブレーキモデルのホイールは今後減っていくでしょうし、優秀なスペアとして温存しておこうと思います。

*4:評判通り、Power Roadはビードが柔らかく、装着しやすかったです。ただ、ワックスが大量に塗ってあるので、白い粉がボロボロ落ちるのと、ブレーキ面につくと落とすのが若干面倒です。。。