クロモリ迷走記

COLNAGO Masterと、Panasonic FRCD05に乗っています。

Masterのホイール交換

 突然ですが(?)、MasterのホイールをCampagnoloZONDAからSHAMAL ULTRAに変えました。同じメーカーのアルミホイール同士の交換ですが、主な違いは、SHAMAL ULTRAがチューブレスタイヤ対応の2 way-fitである点。それ以外に若干の軽量化、剛性とエアロ効果のアップなどもありますが、個人的にそれらは副次的なものです。なお、SHAMAL MILLEを選ばなかったのは、基本的に雨の日に走らないのと、他のホイールと使い分けたいからです*1
 このタイミングで購入したのは、某通販サイトで大幅な値引きをしていたから(ありがちな理由/笑) 注文したら、わりとすぐに届きました。そして、素人に分かるレベルのフレはなく、ハブにグリスもたっぷり入っていたので、何の不満もありません。

f:id:yukovelo:20200912183941j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200912183946j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200912183951j:plain:w300

 これまたスプロケットも格安で手に入ったので、サクッとホイールに装着。

f:id:yukovelo:20200912184336j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200912184342j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200912184347j:plain:w300

 ここまでは順調(フラグ) 次は、チューブとホイールを取り付けていきます。チューブはいつものSchwalbeですが、タイヤはContinentalのGP5000(クリンチャー)*2。これはクリンチャータイヤですが、これを使い切ったら、チューブレスにします。

f:id:yukovelo:20200912184539j:plain:w300

 あれれ、なんか嵌めにくい気がします。。。どうやら2 way-fitは、一般的なクリンチャーホイールとリムの形状が異なるために、慣れるまでは非常に嵌めにくいらしいです(購入後に知りました/苦笑) 力任せにタイヤレバーでグリグリと嵌めていったら、チューブが殉職しました。。。(涙) とりあえず、その日は諦めて(軟弱)、後日改めて挑戦。クリップ機能のあるSchwalbeのタイヤレバーを使い、慎重に嵌めていきます。軍手をした方が力は入りますが、指先でチューブの位置が分かりにくいので、素手で頑張りました。

f:id:yukovelo:20200912184544j:plain:w300

 そして、何とか装着。長期戦で嵌めたので、手の皮が剥けて、爪も割れました。。。外でパンク修理したくないですねえ。。。(恐らく輪行で帰宅してから、自宅でじっくりと格闘します)

f:id:yukovelo:20200912194737j:plain:w300

 しかし、苦労したわりに、見た目がほとんど変わりません(別にいいんですけど/笑)

f:id:yukovelo:20200912185248j:plain:w300

 ただ、同メーカーのホイールのせいか、完全なポン付けで問題なし。とりあえず自宅の周りを少し走ってみましたが、本格的な試走はまた後日。

f:id:yukovelo:20200912185725j:plain:w300

 以下は、今回のカスタムのビフォア・アフターです(ほとんど変わらない見た目/笑)*3

f:id:yukovelo:20200912185828j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200912185832j:plain:w300

 なお、今回のカスタムにあたって、特に参考になった記事は以下のとおりです。

*1:SHAMAL MILLEは、専用のブレーキシュー(高価)が必要なので。

*2:だいぶ前に買ったものが自宅にあったので。

*3:外したZONDAは、とりあえず、ローラーで使います。