クロモリ迷走記

COLNAGO Masterと、Panasonic FRCD05に乗っています。

FRCD05の試走(荒川CR編)

 ここのところ雨が続いていましたが、ようやくFRCD05をちゃんと試走することができました。とりあえず、荒川CRを走ってきたので、インプレッションなどを交えながら、記事にしてみます。まずは、国道4号の千住新橋から荒川CRに入り、左岸を北上し、とりあえず彩湖まで。

f:id:yukovelo:20200617193554j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200617193558j:plain:w300

 ここまでの約20kmを走って感じたのは、(1) 漕ぎ出しはやや重いが、巡行に入ると楽、(2) 振動吸収性が高い、(3) Di2の変速がめちゃくちゃ楽、という3点。まず、(1) については、FRCD05はMasterよりも500gほど重いのと*1、タイヤも重め(約300g)ということもあって、漕ぎ出しはやや重め*2。ただ、30km/hくらいまでの加速はMasterに劣りますが、30km/hから40km/h程度までの加速はスムーズ。ディープリムのカーボンホイールを履かせたら、いい感じになるのかもしれません*3。続いて、(2) については、カーボンフォークのせいなのか、チューブレスタイヤのせいなのか、明らかにMasterよりも、路面の凹凸の影響を受けません*4。また、(3) については、11-34Tというワイドレシオのギアを使っているにもかかわらず、正確に変速してくれるため、素朴に感動します。
 そして、さらに荒川を北上し、上尾市に入ったら、補給ポイントの新規開拓。今回はオーロールモリというローカルなパン屋さんへ。価格設定が非常に良心的で、品数も多く、予想以上に良いお店。くるみあんぱん、ホテルカレー、枝豆チーズの3品で400円ちょっと。味も満足。

f:id:yukovelo:20200617194930j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200617194935j:plain:w300

 空腹を満たしたら、近くの榎本牧場へ。今日は、アイスではなく、ヨーグルトグラニータ(ブルーベリー)をチョイス。さっぱりして美味しかったです。

f:id:yukovelo:20200617195133j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200617195139j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200617195141j:plain:w300

 帰りは、羽根倉橋まで左岸を引き返してから、右岸へ。

f:id:yukovelo:20200617195415j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200617195423j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200617195429j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200617195432j:plain:w300

 帰路で気がついたのは、FRCD05はBBハイトが高くて漕ぎ出しやすいせいか、Masterよりも1〜2枚重いギアを使っていること。それにより巡航速度が上がりますが、200km、300kmと長い距離を走ったときに脚に負担がかかるかもしれません*5。要注意です。ただ、全体的に、狙った以上にMasterと異なる乗り心地で、非常に楽しいです。
 なお、本日の走行距離は、100.25kmでした。自宅〜榎本牧場を往復すると、大体ジャスト100kmになるので、試走に最適です。

*1:そもそも、フレーム単体で2200gもあります。

*2:ただ、BBハイトが高いため、巡行時よりも1枚軽いギアで漕ぎ始めれば、それほど苦になりません(しばらく走ってから気がつきました/汗)

*3:勿論、いますぐにではありませんが。。。

*4:フレームの差も当然あるとは思いますが、チューブレスタイヤが非常に良い仕事をしているように感じます。

*5:高剛性のホイールをうっかりガンガン踏むと脚がなくなる、という話をよく聞きますが、そんな感じかもしれません。