クロモリ迷走記

COLNAGO Masterと、Panasonic FRCD05に乗っています。

CHERUBIM青山〜都内ポタリング

 今日は、昼頃に急に思い立って、前から行ってみたいと思っていたCHERUBIMの青山店に行ってみました。自宅からは、神宮外苑いちょう並木を抜けて、青山に向かいます。

f:id:yukovelo:20190728210224j:plain:w300

 外苑西通りにあるCHERUBIMのショップは、思っていたよりも小さかったです*1。今日は若い店員さんが1人だけでしたが、私の質問に的確に答えてくれて、試乗もさせてもらえました。
 最初に乗ったのは、個人的に一番気になっていたSticky*2。「スティールならではの“バネ感”と“振動吸収性”を追求した」モデルです。平地をのんびり流しているときは「ああ、乗り心地重視の自転車だな」と感じたぐらいですが、上り坂でダンシングをした途端「おおっ!なんだこれは!!」と声が出るほどのしなりとバネ。好き嫌いが分かれる乗り心地だと思いますが、私はとても好きです。このモデルには、クロモリフレームとステンレスフレームがあるそうです。

f:id:yukovelo:20190728211609j:plain:w300

 次に乗ったのは、「スティールの魅力を継承しつつ、進化を繰り返しモダンなライディングを可能にした“永遠のスタンダード”」R-2*3。これは、まさに「スタンダード」なスティールロードで、Masterと同じ系列のキビキビした乗り心地。加速性能もよいです。このモデルにも、クロモリフレームとステンレスフレームがあるそうです。

f:id:yukovelo:20190728212541j:plain:w300

 最後に乗ったのは、Piuma-Disc*4油圧式ディスクブレーキなので、ブレーキの引きが軽いです。ただ、カーボンフォークだからなのか、乗り心地が全然スティールっぽくありません(笑) そこをどう評価するかが難しいところですね。このモデルは、原則としてクロモリのみです*5

f:id:yukovelo:20190728212937j:plain:w300

 3台とも全く乗り心地が異なり、どれが良くて、どれが悪いということはありません。ただ、個人的に一番気に入ったのは、Stickyです。あとで調べたら、Stickyのディスクブレーキモデルもオーダーできるようで、それも非常に気になります。
 CHERUBIMを出たあとは、特に目的もなく、渋谷方面へ。宇田川町で適当に記念撮影(笑)

f:id:yukovelo:20190728213350j:plain:w300
f:id:yukovelo:20190728213357j:plain:w300
f:id:yukovelo:20190728213400j:plain:w300

 宇田川町からは、代々木八幡を抜けて、初台方面へ。私は、子供の頃に初台に住んでいて、このあたりの激坂(?)を子供用自転車やママチャリで登っていました。あの頃は登るのが大変でしたが、ロードバイクで登ると、拍子抜けするくらい簡単に登れます。

f:id:yukovelo:20190728213637j:plain:w300
f:id:yukovelo:20190728213641j:plain:w300

 初台からは、甲州街道で新宿へ。南口からゴールデン街を抜けて、自宅のある上野方面に戻っていきます。

f:id:yukovelo:20190728213902j:plain:w300
f:id:yukovelo:20190728213906j:plain:w300

 上野に着いたら、不忍池で蓮の花を見てから帰宅しました。

f:id:yukovelo:20190728214315j:plain:w300
f:id:yukovelo:20190728214318j:plain:w300

 本日の走行距離は、大体40kmぐらいだと思います*6

*1:町田にある本店の方が店舗が広く、展示されている自転車も多いそうです。

*2:コンポはCampagnoloのRecordで、ホイールも同じくCampagnoloのShamal Mille。

*3:コンポはCampagnoloのAthenaで、ホイールはMavicの何か。

*4:コンポはShimanoの105で、ホイールはCampagnoloのZonda。

*5:ステンレスでオーダーできるかは本社と相談らしいです。

*6:急に思い立って出発したので、サイコンが充電されていませんでした。。。